トーヨータイヤ、東洋ゴム工業(5101)の今後の株価を分析

トーヨータイヤ株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は東洋ゴム工業【5101】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

東洋ゴム工業とはどんな会社?

東洋ゴム工業(TOYO TIRES)はゴム及び化学製品を製造しています。製品には自動車用タイヤやバンパー、アルミホイールなどの自動車用美品や事務用品、断熱材を含みます。また、東洋ゴム工業は米国およびオーストラリア、カナダ、ドイツ、中国に子会社を持っています。

以下はWikipediaより引用

TOYO TIRES(トーヨータイヤ)のブランド名で、「専用タイヤ発想」をコンセプトに、それぞれの車種に合う自動車タイヤを製造しており、特に海外での評判は高い。

また対米向けにはNITTO(ニットー)ブランドもあり、これまでは日本では逆輸入でしか入手できなかったが、2006年以降、NITTOブランドのタイヤも日本で販売。タイヤのシェアは国内第4位に位置する。

箱根ターンパイクのネーミングライツを取得し、2007年3月1日から2014年7月31日まで「TOYO TIRES ターンパイク」に名称が変更された。
2008年5月16日、同業のトップメーカーであるブリヂストンと業務・資本提携を発表した。

あのブリヂストンと業務資本提携しているんですね。

設立は1945年8月1日です。

そんな東洋ゴム工業、社長は清水隆史氏。
現在の社員数は11,333人(連結)です。

大企業なので社員数もスゴイですね。

現在の株価とPERは?

現在の株価は1,484円前後です(2017年1月)。
取引単位は100株なので、148,400円程度で東洋ゴム工業の株を所有することが可能です。

まあ、15万円以下で買えるのであれば日本株の中では普通の部類です(少し安いくらい)。
ちなみにアメリカでは、1株単位で購入できるので、アップルもフェイスブックも1万円前後から買うことができます。

東洋ゴム工業のPER(株価収益率)は、現在13.88倍。
15倍を割っているのでそこそこ割安ですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、3.03%です。
いいですね。高配当です。
日本株の中ではかなり配当がある銘柄といえます。

低PERで高配当銘柄って好きです。私。

東洋ゴム工業の株主優待はありません。

過去20年の長期のチャート

東洋ゴム工業の長期チャート

直近盛り上がっていますね。

過去20年しか出せなかったのですが、実は上場来最高値はバブル時の1989年3,289円です。

バブル時にピークを迎えたという典型的な日本株ですね。

ちなみに、上場来最安値はリーマンショック時の2009年の248円です。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

東洋ゴム工業の短期チャート

2016年初から日本株暴落の流れを受け停滞、その後トランプラリーで少し回復という流れです。

直近高値は2016年1月の2,545円、
直近安値は2016年8月の970円です。

東洋ゴム工業の売上高は?

東洋ゴム工業の売上高

ゆっくり、しかし着実に上昇しています。
キレイな右肩上がりですね。
素晴らしいです。

東洋ゴム工業のEPS(1株当たりの利益)の推移です

東洋ゴム工業のEPS

こちらは大きく上昇したり下落したりしており、結構ボコボコしています。
よくないですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

東洋ゴム工業のBPS

こちらはしっかり右肩上がり。
BPSが右肩上がりということは株主の価値がしっかり上昇している証です。
いい感じです。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近0.95%。
0.95!!
なんと1%です。
日本の大企業でも3,4%なのでそれと比較してもかなりの低ROEです。
これはかなりのマイナスポイントです。

これだけだとフェアじゃないので過去のROEも見てみましょう。
FY2014 19.63%
FY2013 10.47%
FY2012 8.31%
FY2011 1.04%
FY2010 3.88%
FY2009 -13.40%

20%に迫る年度もあったので今後に期待ですね。

流動比率は1.08倍。
こちらは1倍を超えているので問題ないです。

東洋ゴム工業の今後をまとめると

低PERで高配当、そして売上もしっかり伸びているのはよかったです。
ただ、やはりROEが気になります。
ここが安定して2ケタ(10%)を超えていたら投資対象になったかもしれません。

低PER高配当株は少し惜しいですが、それでも僕は投資したいとは思いませんでした。

日本株には長期投資に適した隠れたお宝銘柄がたくさんあります。
次、行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円

現在の資産(2017年5月)
■エルブランズ(LB) 397株 約2,000,000円
■メーシーズ(M) 400株 約1,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 世界最大の化学品会社
  2. image
  3. http://healthypanda.net/
  4. 13874650_768060036664815_184353161_n
  5. jpg
  6. GPIF
  7. 15578940_1380879401944254_2155350555374768354_n
  8. 銀行借入
  9. 30万円以下の高級腕時計
  10. 貯金できない理由

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る