おすすめ日本株、小松製作所(6301)の今後の株価を分析してみた

小松製作所の株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回は小松製作所【6301】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

小松製作所とはどんな会社?

コマツ(登記社名:小松製作所)は、油圧ショベル、ブルドーザ、ダンプトラックなどの建設機械を製造しています。また、プレス機械のなどの産業機械やフォークリフトも製造しています。

以下はWikipediaより引用

建設機械の日本でのシェアは1位。世界で2位。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開する。
アメリカにおいてニューヨーク証券取引所やNASDAQには上場していないが、米国預託証券(ADR)を発行している(証券コード:KMTUY)。
2016年7月21日、2017年中に米国大手鉱山機械メーカー、ジョイ・グローバル社を買収することを発表した。

グローバル化にいち早く手を付けた企業としても知られ、自動車メーカーより早い1950年代頃から海外への輸出や海外工場の展開を進めていた。

石川県では地元に縁のある企業としては別格の存在で、特に小松市はコマツの企業城下町となっている。また、一般の人や子供たちが建設機械に対して親しみを持ってもらえるよう、2010年に閉鎖した小松工場跡地の「こまつの杜」内に「わくわくコマツ館」を開設。旧本社社屋を復元した建物の1階は、建設機械や産業機械の展示・体験コーナー、建設機械のジオラマや3Dシアターなどとなっており、2階では、理科教室などのイベントが行われている[1]。同じく小松市内にある粟津工場の開放日は家族連れに人気のイベントとなっている。

なんかすごくいい会社の雰囲気がプンプンします。

期待が高まりますね。

そんな小松製作所、社長は大橋徹二氏。
現在の社員数は47,017人(連結)です。

さすが日本を代表する企業です。社員数もものすごいです。

現在の株価とPERは?

現在の株価は2,630円前後です(2017年1月)。
取引単位は100株なので、263,000円程度で小松製作所の株を所有することが可能です。

うーん、一つの銘柄に30万円程度は普通の感覚だと高いですが、まあ日本株の中では標準の部類でしょう。

小松製作所のPER(株価収益率)は、現在22.57倍。
20倍前後なので、安くも高くもないです。
こちらもザ・標準といったところです。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、現在2.2%です。
こちらは日本株なかではそこそこの高配当ですね。
あくまでそこそこですが。
小松製作所の株主優待は、300株を長期で保有していると非売品のブルドーザのミニチェア(トミカみたいなやつ)がもらえます。

まあ、子どもとかは喜ぶでしょうね。僕はまったくいらないのですが。

小松製作所の株主優待の詳細はこちら(IR情報)

過去20年の長期のチャート

小松製作所の長期チャート

2007年、2008年に大きな盛り上がりを見せ、その後は落ち着いています。
日本株では珍しいパターンですね。

上場来高値は2007年の3,860円。
上場来安値は1974年の259円です。

直近1年のチャートはこちら

小松製作所の短期チャート

こちらはしっかり右肩上がりです。
短期のチャートでしっかりの右肩上がりの日本株を久しぶりに見た気がします。
いいですね。

ただ、テクニカル的には買い場がないのでどこかで大きく押し目をつけてほしいですね。

直近高値は2016年12月の2,813円、
直近安値は2016年2月の1,566円です。

小松製作所の売上高は?

小松製作所の売上高

うーん、右肩上がりではありませんね。
ガチャガチャしています。
とはいえ売上は2兆円に迫る勢い。まさしく日本を代表する大企業です。

小松製作所のEPS(1株当たりの利益)の推移です

小松製作所のEPS

こちらも右肩上がりではないです。
とはいえ、これだけの大企業。なかなかEPSを更新し続けるのは難しいということでしょうね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

小松製作所のBPS

こちらはしっかり右肩上がりです。
しっかり配当を出しつつ(配当利回りは毎年2.5%前後、配当性向は毎年35%前後)も株主の価値を高めていけてるのは素晴らしいですね。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近9.02%。
おしい。ギリギリ2ケタは乗らなかったものの、日本株の中では優秀の部類です。
多くの日本の大企業は2,3%という低ROEですからね。

そして、小松製作所は、過去のROEを見ても10%をしっかり超えています。
FY2015 10.6% FY2014 12.42% FY2013 11.47% FY2012 17.28%

かなりいい感じですね。

流動比率は1.98倍。
こちらも問題ありません。

小松製作所の今後をまとめると

トータルでみていい会社です。
手堅い銘柄という言葉がピッタリきます。

日本のものづくりを代表する大企業であり、世界に誇れる会社です。

配当もしっかりあり、経営も安定しています。
各数字の伸びはあまりないのですが、長期でじっくりもちたいという方にはおすすめです。

ただ、直近上昇しているのでどこかで大きくドカンと下げたところを狙って買っていきたいですね。
そうすれば配当利回りもかなり上昇するので。
今だとやはりちょっと割高かなと思ってしまいます。それだけ人気の証ですけどね。

個人的に1,500円、できたら1,000円のれべるまで下げたら真剣に購入を考えたい銘柄です。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 北陸電力の株価分析
  2. ヤオコー株価予測
  3. agent-1238811_1280
  4. トランプラリー暴落
  5. image
  6. 日東電工の株価予想1706
  7. 東京生活で思うこと
  8. image
  9. ビザ代行取得
  10. CL201_syoruiteisyutu320140830185428-thumb-815xauto-17626

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る