株主優待はカレー!ハウス食品グループ本社(2810)の株価を分析してみた

ハウス食品の株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はハウス食品グループ本社【2810】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

ハウス食品グループ本社(2810)とはどんな会社?

ハウス食品グループ本社は、カレーや香辛料などの更新食品を製造および販売しています。スナック類、即製麺、レトルト食品の製造も行っています。

以下はWikipediaより引用

1963年(昭和38年)に発売され、爆発的なヒットを記録し、今日まで発売され続ける「バーモントカレー」に代表されるように、カレーやシチューの素(主に板チョコ状の固形ルー)やスナック菓子類を主力商品としている。
中でもカレールーでは、同業他社のエスビー食品・江崎グリコに対して圧倒的差をつけており、2011年(平成23年)現在シェアは第1位である。また菓子類では、スナック菓子を中心に、ガムや飴なども製造している。

日本人でバーモントカレー食べたことない人、ほとんどいないのではないのでしょうか。
僕も大好きです。

そんなハウス食品グループ本社、社長は工東正彦氏。
現在の社員数は6,783人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は2,381円前後です(2017年1月)。
取引単位は100株なので、238,100円程度でハウス食品グループ本社の株を所有することが可能です。

20万円超えているので決して安くはありませんが、日本株はこんなものです。
もう少し少額変えたらもっといいんですけどね。

ハウス食品グループ本社のPER(株価収益率)は、現在10.23倍。
10倍なのでかなり割安です。いいですね。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、現在1.26%です。

日本株の中では高配当とまでは行きませんが、そこそこあるといった印象です。

そして、ハウス食品グループ本社の株主優待は、100株保有で年に2回1,000円相当の商品詰め合わせがもらえます。

バーモントカレーやシチュー、マカロニグラタンやウコンの力などですね。

230,000円で、年間2,000円相当なので実質利回りは約1%(0.87%)程度です。
なんかこういう詰め合わせってもらうとそれはそれでうれしいですよね。
コレ目的で投資するというほど魅力ではありませんが、奥さんとかいる方は喜ぶと思います。

過去20年の長期のチャート

ハウス食品の長期チャート

過去20年はレンジですね。
ただ、2,000円のラインを近年しっかり超えて今後さらに上昇しそうな形をしています。

上場来の最高値はバブル時の1989年2,654円。
ここを今後超えられるかがポイントですね。

一方の安値は1985年の622円です。

直近1年のチャートはこちら

ハウス食品の短期チャート

うーん、なんとも言えません。
欲しい方はしっかり落ちた時に買っていくのがいいですね。

ハウス食品グループ本社の売上高は?

ハウス食品の売上高

キレイな右肩上がりではないですが、しっかり伸びているのは見て取れます。
売上は2,400億円を超えました。名実共に大企業です。

ハウス食品グループ本社のEPS(1株当たりの利益)の推移です。

ハウス食品のEPS

こちらもキレイな右肩上がりではないですが、直近大きく上昇しています。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

ハウス食品のBPS

最後にBPSの推移です。
こちらはキレイな右肩上がりです。
いい感じです。
こういった伸びを見せる企業に投資をしたいものです。

ROEと流動比率は?

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近10.09%。
素晴らしいですね。しっかり2ケタのせてきています。

ただ、それ以前が3%から4%という典型的な日本のダメ大企業の低PERなので「今回の数字はたまたまなのかどうか?」という判断はしっかりしたほうがいいと思います。

流動比率は2.34倍。
こちらも問題ありません。

ハウス食品グループ本社の今後をまとめると

ハウス食品は、日本を代表する大企業です。
優良銘柄といえます。

PERは低いのですが、思ったほど配当が高いわけではないのが残念です。
うーん、いい銘柄だとは思うんだけどなにか「めちゃくちゃ欲しい!」と思わせる何かがありませんでした。

バーモントカレー好きなんですけどね。

さらに大きく下げて配当が3%とかのってくるようなら考えたい銘柄です。

次、行きましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 横浜ゴムの株価予想1706
  2. business documents on office table with smart phone and laptop computer and graph business with social network diagram and man working in the background
  3. ジョンソンエンドジョンソン
  4. 住友不動産
  5. rimg0235_4
  6. ベッカムの腕時計
  7. shutterstock_24904528
  8. 日経平均ランキング
  9. ファンケルの株価予想
  10. 東ソー株価予想1706

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る