アマゾン(Amazon)の株価の予想を分析してみた【2016年】

Amazon.com Inc. logos are displayed on laptop computers in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, Oct. 23, 2013. Amazon.com Inc. is scheduled to release third-quarter earnings on Oct. 24. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg via Getty Images

今日はアマゾンの株価を見ていきましょう。
アマゾンといったら日本でもお馴染みの通販サイト。

いまやなんでも買えてすぐに届くめちゃくちゃ便利な世の中になりました。

そんなamazon、今後も伸びるのか?
現状はどうなのか?

見ていきましょう。

まずは、アマゾンの過去のチャート

1997年からです。

アマゾンのチャート

これ、すごいですね。
97年には1.5ドルだったアマゾン。
今や663ドルにまで成長しました。

97年当時にアマゾンに目をつけていた人は今頃高笑いが止まらないことでしょう。
こういったベンチャー投資の醍醐味は、大きな利益を得られることにありますね。

次に財務分析

PERは961倍!
高すぎです。。。
大体20倍以下がお得、10倍以下がものすごくお得といわれているこのご時世に961倍というのはいくらなんでも高すぎです。
でも、それだけamazonにみんな期待しているということ。

野球に例えると、ものすごく高い契約金で外国人選手を雇ったようなもの。
それに応える活躍ができるかがカギです。
売上高・営業収益を見てみると、毎年の増加ぶりが窺えます。

アマゾンの売上収益

右肩上がりですね。

次にEPS

EPSとは1株あたりの利益のこと。
これも順調に右肩あがりだと成長企業ということです。

アマゾンのEPS

みるとなんかぐちゃぐちゃです。
マイナスのときもあります。

流動比率は直近1.08。
1を超えているのでギリギリ合格です。

ROEは直近2.88。
配当利回りはいまのところ無しです。

結論「アマゾンは移籍大型外国人選手」

とにかく人気のアマゾン株。
確かに未来のさらなる成長に掛けて買いたいという気持ちもわかりますが、なによりPER900倍超えは高すぎます。
PERが高すぎるということはすでにそのくらいの成長が折り込まれているということ。

野球で例えると、海外からやってきた巨額の移籍金で契約した大型野球選手。
とにかく高いのでその高い期待に超えられるかがカギ。

少しでもコケたら大きく下げることもあります。

Amazon株ってどこで買えるの?

最後に、アマゾン株は楽天証券やマネックス証券などのネット証券で買えます。
私は手数料の安さからマネック証券で買っています。
1株から買えるので(今だったら70,000円前後)、気になる方はどうぞ。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る