相次ぐ閉店もなぜか株価が下がらない。マクドナルドの今後はどうなる?

マクドナルドの株価

日本マクドナルド、過去最大の営業赤字、各店舗の閉鎖など大変なニュースになっています。

そんなマクドナルドは投資対象と見た時、果たして「買い」なのか?
2016年以降の見通しを見ていきます。

現在の株価はピークより23%減

まず株価は現在2,387円
直近(過去52週)の高値をつけたのが2015年12月8日で、3,070円だったので、ピーク時より23%落ちています。

最近のマック(マクド?)への報道のしかたを見ると50%とは80%くらい下げているのかな?と思ったので意外と下げていないんだなというのが正直な感想。

長期のチャートを見てみると、2000年代の方がもっと株価は下だったんですね。

マクドナルド過去長期チャート

そんなマクドナルド、現在赤字が続いてるのでPERは使えません。
(PER=株価÷1株利益なので)

ちなみに黒字だった2013年はPERが69倍でした。

直近の売上高の推移は

マクドナルドの売上高

キレイな右肩下がりです。これは大幅なマイナスポイント。
いろんな不祥事など効いてきたんでしょう。

僕もマクドナルドにはあまり良いイメージはなくなってしまいました。
(子どもの頃、大好きでしたが)

次にBPS(1株当たり純資産額)

マクドナルドのBPS

2014年に大きく下げています。
でも、それまでは順調に上げていました。

マクドナルドの2016年以降を考える

赤字の企業を買うのは正直リスキーです。

しかし赤字転落するまでは、BPSもしっかり伸びていました。
ですので、「ここ数年の低迷は一時的なもの。再び回復する!」というシナリオの場合、株価は大きく回復する見込みはあります。

ただ、これほど業績が悪化しているのに思ったほど株価が落ちていません。

株主優待が人気だからでしょうか。

あまり下げていないということは、仮に業績が大幅回復した時のうまみがそんなにないということ。
今、あせって手を出す銘柄ではないというのが僕の結論です。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る