ジムに行く時間がない忙しいビジネスマン必見!上腕二頭筋を鍛えるための最も効率の良い方法

plank_abs_beach_muscle_main

男なら誰もが一度はムキムキのカラダに憧れると思います。
しかし、忙がしいビジネスマンは週に何回もジムに行く時間はありません。

そんなビジネスマンは、鍛える部位を絞って効率的に筋肉をつけたいと思うはずです。

そこで今日は、上腕二頭筋を効果的に鍛えるためのトレーニング方法をご紹介します。
image

上腕二頭筋とは

人間の上肢の筋肉。腕を曲げた時によく浮き出る筋肉で通称力こぶと呼ばれている。しばしば上腕二頭筋を見せることは力強い男性のイメージを作り出し、アメリカンコミックのポパイやボディビルのポーズなどに良く見られる。
出展:wikipedhia

男の筋肉を象徴する部位として代表的なのが上腕二頭筋です。
袖を捲り上げた時に見える隆起した上腕二頭筋はまさに男の勲章。

また、上腕二頭筋はTシャツ姿でもその存在を確認することができる、一番目に触れやすい筋肉でもあります。
その筋張った上腕二頭筋にフェチを感じる女性も多く、この筋肉を鍛えることはムキムキイメージへの最短距離になります。

image

それではさっそく、そんな上腕二頭筋のトレーニング方法をを見ていきましょう。

ダンベルカール

image

ダンベルを使った基本的なトレーニング方法です。
初心者はまずこのダンベルカールからはじめましょう。
ポイントは3つ
・まっすぐ上下させること
・手首を返さないこと
・ゆっくりと下げること

持ち上げる時にばかりを意識してしまいがちですが、下ろす時にも負荷がかかっているため、ゆっくりおろしましょう。

ハンマーカール

image

ダンベルカールがダンベルを腕に対して並行に持つのに対して、ハンマーカールは腕に対して垂直にダンベルを持って行うトレーニングです。
上腕二頭筋に加えて上腕筋も鍛えることが出来るため、肘から腕にかけて太い筋肉を作ることができます。

ポイントはダンベルカールと同じく
・まっすぐ上下させること
・手首を返さないこと
・ゆっくりと下げること

 

バーベルカール

image

バーベルを両手で持って行うトレーニングです。
上腕二頭筋に加えて前腕も鍛えることが出来ます。
このトレーニングも持ち上げてから下ろすときに負荷がかかるトレーニングです。

ポイントは
・下ろしてから力を抜いて腕をダランとさせないこと。
・指でしっかり握るのではなく、手に乗せるイメージで行うこと。
・反動をつけないこと。(重い場合は負荷を減らす)

懸垂

image

これまでの3つがダンベルなどの器具を使うトレーニングですが、懸垂は自重トレーニングです。
自分の体重が負荷になるのでかなり負荷の高いトレーニングになります。

ポイントは
・逆手(手のひらが上に向くように)でやること
(順手でやると異なる部位のトレーニングになります。)
・ゆっくりと下ろすこと。

 

いかがでしたでしょうか。
すべてのトレーニングに共通することですが、
・下ろす時を意識する
・下ろしきったときに力を抜かない
・反動を使ったり、ねじったりしない。

これらのことを意識して、是非トレーニングしてみて下さい。

チャントトレーニングスレバ、キミも、パーフェクボリー

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る